2020年おすすめカニ通販をご紹介 / カニ買うなら安くて美味しく頂きたい人のためのWEB

カニ通販で訳ありカニを購入する時は要注意

カニ通販でよく見る「訳ありカニ」は相場の価格より安く購入できるため私はよく狙って購入しています。

しかし訳ありカニ購入にも注意点があり間違って購入すると失敗してしまいます。

なんてならないためにもこの記事では

  • どのようなカニが訳ありとして販売されているのか?
  • 訳ありカニを買う時の注意点

この2つをご紹介します。

訳ありカニとは

カニ通販業者は旅館やホテル、料亭などにもカニを卸しています。

一概には言えませんが、その中で「訳あり」で買い手がつかない、売れないカニが格安価格で売られていることがあります。

訳ありカニになる条件はいくつかあります。

  • 殻に傷が入っている
  • 脚が折れている
  • 身入りが8割前後
  • 甲羅にフジツボが付いていて見栄えが悪い
  • サイズが小さすぎる

まだまだありますが主に訳ありと呼ばれるのは上記の5つのどれかに当てはまります。

訳ありカニは家族で食べたり、大人数で食べる時など予算内で大量にカニを購入しなければいけない時に向いています。逆にギフトにするのは向いてないでしょう。

カニギフトの注意点

中には鮮度や味に問題がある訳ありもある

主な訳ありカニで5つ紹介しましたがその他にも「冷凍保存期間が長いため訳あり」というのもあります。

カニは旬な時期に捕獲されたあとすぐに冷凍されます。

冷凍保存されたカニは現在は技術が発達し、長期保存してもそれほど鮮度は落ちません。

しかし、鮮度は落ちないからといって、長期で冷凍保存してしまうと冷凍焼けを起こしてしまいます。

長期で冷凍することによってカニの細胞から水分が蒸発し、水分が抜けたところに空気が入り込み脂肪が酸化します。

みなさんも冷凍庫の中を覗いた時、食材に霜が付いているのを見たことがあるかと思います。

その霜が食材から水分が抜けて凍ったものです。

タラバガニとアブラガニ

アブラガニをタラバガニと偽って訳ありタラバガニとして販売していることもあります。

タラバガニと比べアブラガニは安く、茹でると赤くなり、見た目も似ていることからタラバガニをアブラガニと偽って販売している業者も過去にはありました。

今ではほとんどないですがゼロではありませんので注意が必要です。

出所がハッキリしない訳ありタラバガニは避けるべきです。

訳ありカニを購入する時の注意点

格安で美味しい訳ありカニですが、購入する時の注意点をご紹介します。選ぶ時の参考にしてみてください。

訳ありの理由が書いてない

販売業者の中にはただ「訳あり」とだけ書かれていて理由がわからないまま売られている場合があります。「なぜ訳ありの商品なのか?」理由がはっきり書かれているかが大事です。

  • 冷凍期間が長く、水分が抜けてしまったカニ
  • あまりにも身がスカスカなカニ

このようなカニを買ってしまうと後悔することでしょう。

もし心配なら販売業者に電話で問い合わせをして聞いてみるのもありです。

きちんと答えてくれるなら優良販売業者と言えるでしょう。

別途で高い送料

販売業者の中には他の正規の商品は送料無料なのに対して訳ありカニだけ送料別などあります。

送料を足すと正規品とほとんど同じぐらいになってしまうことだってあります。

正規品は税込価格で表記しているのに対し訳ありカニは税別で売られている可能性もあるのでよく見てから購入することをおすすめします。

まとめ

カニは美味しいですが、決して安くはないので日常的に食べることを躊躇してしまう人もいるのではないでしょうか?

そんな人には訳ありカニを買うのがおすすめです。

訳ありと言っても売られているほとんどが脚折れや傷など見た目の問題なので味は正規品とほとんど変わりはありません。

ただ、「訳あり」なのでその理由が何なのかしっかり理解してから購入することが大事です。

  • 訳ありの理由を知る
  • 身入りが少ないのは避ける
  • 冷凍焼けを起こしているものは避ける
  • 出所がハッキリしない訳ありは避ける

この4つのポイントは失敗しないためにも絶対に守った方がいいでしょう。

もし鮮度や身入りの悪いものを購入してしまうとせっかくの美味しいカニが台無しになります。